交通事故において弁護士を雇うメリット・デメリット

交通事故において弁護士を雇うメリット・デメリット

弁護士を雇うメリットは

交通事故にあったからといって、いきなり弁護士を依頼するのは大げさだと感じる人は未だに多いです。

 

弁護士の仕事は裁判で依頼人のために勝訴を勝ち取ることですが、それ以外にも依頼人が法律関係でわからないことをアドバイスするとか、依頼人の代わりに困ったことの交渉をやってくれる仕事があります。

 

実は弁護士の職はこの交渉の代理人のほうが大きな役割を占めています。

 

交通事故の場合、加害者の弁護士、保険会社との交渉が避けられません。

 

しかも、交渉の代理人として認められるのは法律の資格を持つ弁護士のみですから、交通事故問題と弁護士は切り離せない関係なのです。

 

もちろん自分自身が加害者弁護士や保険会社と交渉するのも自由で認められています。

 

ただ相手は交通事故と法律に詳しく、交渉術にも長けている専門家です。

 

こちらが希望する金額をすんなりとは認めず、出来うる限り値段を下げるよう、法律に基づいて着々と進めてくる方針です。

 

これに対抗するにはやはり弁護士を雇うほか方法はありません。

 


弁護士は交渉のプロ

弁護士に全ての交渉を任せるメリットは、法律を熟知していることで、保険会社と対峙してもどう切り返せば良いのかわかっていて、冷静にことを進めていけるところです。

 

運悪く加害者が脅しをかけてくる場合もありますが、これにも弁護士を雇っていれば、法律で全て対処してくれて頼りになります。

 

交通事故の被害調査は時間がかかるものですが、交通事故専門の弁護士なら専門のスタッフを抱えていますので高い調査能力をもって調べつくしてくれます。

 

保険会社との話し合いは怪我の治療が終わった後も続きますので、仕事に復帰した後などは特に交渉する時間が取り辛かったり書類作成に手間取って、ともかく時間がいくらあっても足りない状況になるので弁護士がいる便利さは限りなく頼もしくあるのです。

デメリットとは

唯一のデメリットといえば、個人で全て行なえば、ほとんどお金がかかりませんが、弁護士を雇えば報酬を支払わねば成りません。

 

賠償金を増額出来た金額が思ったより少ない場合などは、赤字が出る話も聞きます。

 

でも、交通事故案件に関してはマイナスが出る可能性は限りなく低いのです。

 

それは、交通事故の内容を弁護士に相談した時点で、過去の事例から賠償金の増額が認められるケースであるかどうかが弁護士本人には既にわかっているので、その場で計算してお互いに良い結果に繋がると判断してから、依頼を引き受けるからです。

 

ただし、これは交通事故問題に詳しく優秀な弁護士を選んだらの話です。

 

弁護士を雇うにしても雇わないにしても、自らの目で見て判断されてはどうでしょう。

 

法律事務所の無料相談に出かけて、信用に値する弁護士なら報酬を支払っても任せたくなるというものです。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ