示談が進まない場合は

示談が進まない場合は

示談が進まない場合は

交通事故にあってしまい、被害者と慰謝料のことでもめたり、示談が進まない状態に陥ったとき、どうしたらよいでしょう?

 

交通事故にあったときは、任意保険と自賠責保険に入っているから、その二つの保険でまかなえる、と信じて疑わない人は大変危険な考えです。

 

交通事故のトラブルは今ではかなり多くの件数があり、素人では解決できない問題となっています。

 

事故にあって怪我をした場合、軽い怪我で綺麗に完治すれば、問題はありませんが、事故による怪我は時間が経ったほうが何かと悪い症状が現れて来ます。

 

からだのあちこちに痛みが生じるそんな厄介な後遺症が出てくるのは加害者から治療費や補償金を全て受け取った後、そんな事例は山ほどあるのです。

被害者請求について

後遺障害が出たら、医師に相談して診断書を作成してもらい、提出すれば良い、とお考えになるかもしれませんが、認定されるのはそんな簡単なものではありません。

 

後遺障害とは、病院でどんなに手を尽くして治療しても現在の医学では治らない症状のことです。

 

自動車のような大きな機械に体をぶつけられたのですから、こうした後遺障害が後のなって出ることはちょくちょくあるのですが、医師に体の異常を証明してもらうことは出来ますが、交通事故のため体に異常が現れた、と証明するのは難しいのです。

 

後遺障害の症状が出て、認定を行なうには事前認定と被害者請求という二通りの方法があります。

 

被害者は加害者が入っている自賠責保険会社に対して損害賠償金を請求出来る権利があるので、これを被害者請求と呼ぶのです。


事前認定について

対して事前認定とは、任意保険会社を通じて認定してもらう方法です。

 

この二つの方法で、かなり弁護士が必要になるのが被害者請求のほうです。

 

事前請求のほうは、任意保険会社が資料を作るのにも手続きするのにも協力的ですので比較的楽に終わります。

 

それというのも任意保険は、任意保険の補償金と自賠責保険の補償金の両方の支払った後で、自賠責保険の補償金の分を自賠責保険会社の請求する形になっていますが、任意保険と自賠責保険では後遺障害などへの認定の中身は若干違っているケースがあります。

 

そうなると、先に支払ってしまった任意保険から自賠責保険へ請求できる金額が減ってしまうこともあるので、任意保険としては事前認定してもらうよう進めて行きたいのです。

 

ですが、補償金を受け取る側としては弁護士が必要な被害者請求のほうがメリットは大きいです。

 

後遺障害が認定された時点でいくらかのお金を受け取ることが出来ます。

 

事前認定の場合、任意保険会社が資料を提出するので資料の詳しい中身を知らないまま提出されていることがあり、後遺障害のことで書かれていないことがあったり、任意保険会社の意見も記入されていることもあるので、内容によっては不利になる場合もありうるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ