交通事故にあったときの保険金額獲得のために

交通事故にあったときの保険金額獲得のために

自賠責保険・任意保険について

車に追突されたりして交通事故の被害者になったものの、入っている保険会社は支払いを渋っている、こういったケースは良くあることです。

 

車を購入するとき、事故を起こすことを想定して、国から保険に入ることを義務付けられています。

 

これを自賠責保険といって強制的に加入することを義務付けられている保険です。

 

ですが、車の場合、相手に怪我を負わせるだけでなく、車が壊れたり物を壊したりして損害の金額が大きいのでもう1つ保険を欠けるのが当たり前とされているのです。

 

このもう1つの保険は自動車保険と言って任意で加入することから任意保険とも呼ばれてます。

 

交通事故は現在でも頻繁に起こっていますから、保険を二つかけておくくらい慎重にするのが安心なのです。

 

でも、現実は上手くいかないもので、保険会社としても、保険に加入してもらうのはありがたいのですが、事故が起こって保険からお金をひき出されるのは嬉しくないことです。

保険会社のトリック

ですから、保険会社としたら、出来るだけ少ない賠償金で済ませたい、せっかく毎月の保険料で黒字を保っているのを大きな賠償金を支払って損失を出したくは無い、こんな理由から何かと理由をつけて賠償金を減らそうと画策します。

 

そのため、損害保険は、交通事故にあった被害者のためにあるように思われていますが、実際の行動は、むしろ加害者側に近い存在になっています。

 

信じられないことですが、加害者の弁護士は損害保険会社の知り合いの弁護士だったという例が何軒もあります。

 

これは偶然ではなくて、損害保険会社が加害者に紹介したとしか思えません。

 

交通事故の被害者に有利な判決が出れば、損害保険会社から多額の金額が支払われます。

 

けれど、加害者に有利な判決が出れば、損害保険会社から支払われる金額は小額で済みます、これを狙った行動なのです。

 

損害保険会社に関係する弁護士といえば、交通事故には詳しい弁護士ばかりです。

 

法律の専門家である弁護士に我々素人が太刀打ちできるわけはありません。

泣き寝入りを避ける3つのポイント

我々が出来ることは、交通事故での法律を学ぶこと、交渉術を学ぶこと、損害保険問題が得意な弁護士を見つけること、この3点です。

 

 

もちろん加害者や加害者側の弁護士への対応はこちらの弁護士に任せますが、加害者側にも弁護士がいる以上、こちら側の弁護士一人に任せるより、被害者である自分も一緒に戦う姿勢が出来ているほうが有利なのです。

 

被害者が知識を深めるほど、判決は有利になる可能性が高まり、思いのほか大きな金額の賠償金を受け取れることになった例もありますから、法律の素人だからと言って、何もかも弁護士にお任せはいかがなものかと存じます。



ホーム RSS購読 サイトマップ