交通事故の被害者になったら知っておくべきこと

交通事故の被害者になったら知っておくべきこと

交通事故の被害者になったら知っておくべきこと

交通事故の被害者になったとき、損害賠償金を少しでも多くもらうには、気をつけておく重要なポイントがいくつかあります。

 

交通事故の損害賠償請求が出来るのは事故にあって3年間の間だけ、と決められています。

 

このことを知らないで事故で被害にあったのにも係わらず、3年間加害者に対して被害請求しなかったとしたら請求権を失ってしまいます。

 

そうならないように、加害者との交渉は怪我の治療しながらでも進めていくべきです。

 

そして自賠責保険にしても請求できる期間は2年間と定められています。

 

このどちらの損害賠償金も同時に進行させ協議していくことが大切です。

 

それに無事治療費の支払いが決まったからといって安心は出来ません。

 

交通事故での怪我の治療を続けている間、保険会社から、もう一定の治療期間が終わったので、そろそろ治療費を打ち切らせてほしい、との申し出があることがあります。

 

保険会社の言い分は病状固定の状態では無いですか、との疑問の言葉です。


病状固定とは

病状固定とは、これ以上医療機関で治療を行なっても怪我の回復が望めず、治療を行なうのは無駄な状態のことです。

 

保険会社側としては、病状固定であろうとなかろうと、治療費の支払いをしなくてもすむ状態が望ましいので、出来る限り病状固定ということにしたいのです。

 

悪質なときは、これを理由に治療費の支払いを打ち切ってしまうこともあるそうです。

 

その他、治療が終わった後、加害者との示談の話を進めるのが通常ですが、この時も保険会社が支払われる賠償金の金額を提示してきますが、果たしてその金額が示談金としてふさわしい金額かどうかは、素人ではわからないものです。

無料相談がお勧め

保険会社の提示される金額は、裁判で争った判決で提示される金額よりも少ない金額です。

 

ただ、裁判になると時間も費用もかかりますから、それらを計算するとどちらがお徳か計算するのは難しくもあり、でも保険会社は、支払いを減らすためにいろんな手を打ってくる可能性がありますので、疑ってみる価値も十分に含まれては居ます。

 

これらの悩みに答えることが出来るのはやはり弁護士だけで、それも交通事故問題に詳しい弁護士でないとわからない知識なのです。

 

交通事故の被害者になって間もなく交通事故問題に詳しい弁護士を雇っていれば、安心して任せられるのですが、まだまだ法律の素人である私達には弁護士事務所は敷居の高い場所です。

 

交通事故にあったから、といって真っ先に弁護士事務所に駆け込んで相談できる人はまだ世間では少ないものです。

 

せめて、心配な事柄だけでも弁護士事務所のホームページの無料相談のメールのやり取りをしてみるのはどうでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ