交通事故での弁護士費用

交通事故での弁護士費用

交通事故での弁護士費用

現代は車社会です、そのため交通事故の件数は増える一方で、それもマナーが悪い運転手が増えたため、ますます増えていく傾向です。

 

自動車に乗るには自賠責保険と任意保険の両方入る人が多いのは、それだけ事故が多く、車だけでなく人も怪我させて支払う金額が膨大だからです。

 

車も人間も傷つき、事故の時には道も建物も被害にあって、毎日起こっているから当たり前のように感じますが、交通事故とはかなり大きな事件なのです。

 

ですから、交通事故くらいで弁護士を雇うのは大げさだと思う人は、まだ交通事故というものの大変さを認識していない人です。

 

でも交通事故で弁護士を雇うとなるとどのくらいの費用がかかるのか、知らない人は大勢居ます。

 

ともかく弁護士を雇うとなるととてつもなく高い値段だと噂が一人歩きしている模様です。

具体的な価格

実際はどのくらいかかるのか検証していくと、弁護士事務所を訪ねるとき、まず相談から始めますが、この相談にもお金がかかります。

 

弁護士は依頼人の話を聞くのも仕事の一環なので、相談して話をするのにも支払いが必要です。

 

この時の相談料が30分5000円くらいのお値段の法律事務所が多いです。

 

しかし、相談の内容を確かめないうちに30分5000円では、相談者としては、ただで5000円を支払ってるようなものなので、初回の30分は無料にしている弁護士事務所は多いです。

 

時間のかかる相談内容の場合は何度でも無料で相談してくれる弁護士事務所もありますし、サービス内容を確認してから訪ねていけば、ほとんどお金がかからず相談できます。

 

次に弁護士を雇った直後に支払うお金として着手金の支払いをします。

 

これに数十万円支払うことになりますが、全て弁護士本人の懐に入るわけではなく、保険会社や加害者の弁護士との話し合いにおいて使うお金で、場合によっては訴訟費用にもなる重要不可欠な資金です。

 

着手金は弁護士を雇う上で必ず支払うのがきまっているお金で、たとえ、裁判で勝利できなくとも返金されることは無い費用です。

 

ただ、交通事故の案件については、依頼人の話を聞くことで、弁護士は保険料の増額や後遺障害等級認定されるかどうかの判断が出来るので、軍資金がほとんど必要としないと判断して着手金を取らない弁護士事務所もあります。

 

弁護士にとって一番重要な報酬は成功報酬です。

 

弁護士を雇うことで賠償金や慰謝料を増額できた支払金から成功報酬が支払われます。

 

成功報酬の割合は解決して支払われた金額の中から約10パーセント程度といわれていますが、解決金の増額度が思ったよりも少なかった場合、増額度が弁護士報酬の金額を下回ってしまい、結果的に弁護士を雇う意味が無いこともあります。

 

これでは弁護士を雇った意味が無いので弁護士事務所によっては成功報酬を増額度の範囲内に収めるところもあるので依頼人が損をしないよう、どんどん新しい考えが始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ